2024年2月22日木曜日

奄美結紮王 開催

2月22日(木)、県立大島病院研修ホールで奄美結紮王が開催されました!結紮・縫合の技術を研修医の皆さんが競いました。普段の研修の成果が出ていたのではないでしょうか。審査員を務めて頂いた先生方、準備等にご協力頂いた総務課の方々、そして何より、事前演習から結紮王の開催まで全面的に引き受けて頂いたエチコンの方々に、心から感謝申し上げます。研修医の皆さま、お疲れ様でした!







2024年2月20日火曜日

第9回 奄美GIMカンファレンス

2月20日、名瀬徳洲会病院の方々と第9回奄美GIMカンファレンスを開催いたしました。当院総合診療科の上村先生、そして、名瀬徳洲会病院の高井先生から発表していただきました。オンライン、会場、あわせて35名ほどの方々に御参加いただきました。様々な視点からのご質問、ご意見をいただき、非常に有意義なカンファレンスとなりました。来年度も引き続き開催してまいります。







2024年2月17日土曜日

県立大島病院市民講座の御案内

3月3日(日)9時から、県立大島病院1階ロビーにおいて県立大島病院市民講座を開催いたします。テーマは「災害時のそなえ」です。DMATの活動報告、救命センター長の中村先生の講演も行われます。また、バザーや相談コーナーも設けられますので、皆様方のご参加をお待ちしております。



2月14日 診療科レクチャー

 2月14日(水)の研修医ミーティングは、総合診療科による診療科レクチャーが行われました。タイトルは「感染症治療の考え方~尿路感染症~」です。尿路感染症は一般外来、救急外来において、頻回に遭遇しうる疾患です。どのような治療を、どのような考え方で行うのか、わかりやすい解説を行って頂きました。

レクチャー資料

2024年2月3日土曜日

1月31日 研修医ケースカンファレンス

1月31日(水)研修医ケースカンファレンスを開催しました。今回は「敗血症をどう疑うか」、「敗血症とAFと脳梗塞」といった、どちらのタイトルも敗血症をテーマにした発表となっています。救急外来での研修を通じて、敗血症診療をどのように考えるのか、学んでいくのかが、研修医の皆さんにとっても重要なテーマであることがわかります。

発表資料(1)

発表資料(2)




2024年1月24日水曜日

臨床研修センター講演会

1月23日(火)当院の研修ホールで鹿児島県立大島病院臨床研修センター講演会を開催いたしました。講師に鹿児島大学救急・集中治療医学分野非常勤講師の望月礼子先生で「エマージェンシー臨床推論 救急脳のつくり方」、そして、群星沖縄臨床研修センター長の徳田安春先生には「Choosing Wiselyを活用した診断エクセレンスとHigh Valuc Care」という演題で御講演して頂きました。当院だけでなく、名瀬徳洲会病院、地域の開業医の先生など、会場とzoomを合わせて50名弱の方々にご参加頂きました。